社会福祉法人飛騨慈光会

2019年05月17日 第2回新人研修を開催しました・・・研修課

当法人に入職された方が「福祉サービスの特性や必要となる能力(専門性」と「必要な能力(組織性)」を学んでいただくことを目的に研修会を開催しました。
新人研修は5回シリーズで開催します。

午前中は、人事考課、権利擁護・虐待防止、リスクマネジメント、苦情解決制度の概要について説明を受けました。いずれも良質な福祉サービスの提供に不可欠なものです。


午後からは、児童養護施設夕陽ヶ丘、吉城山ゆり園、山ゆり学園を見学し、担当者より施設の概要について説明を受けています。
吉城山ゆり園では分場で作っているパンの試食しました。素材のこだわっており美味しいと好評で、イベントに出店するとあっという間に売れてしまうこともあります。


吉城山ゆり園の作業場では利用者さんが実際に働かれている様子を見学しました。
人気商品の油取りパッドを作るため、不良品の綿棒から軸を外す作業に根気に取り組んでみえるところを見学しました。このほか、賞状額や花苗の作業場も見学し、職員はどんな支援をしているのか熱心に聞かれていました。


山ゆり学園では利用児の方が暮らしている様子を、ゆりのこでは重症心身障害児(者)へのサービスの様子を見学しました。
児童の発達支援のため遊びも大変重要であると捉え、職員は発達段階に応じた遊びを工夫していることを学びました。




1つ前に戻る このページの先頭へ