社会福祉法人飛騨慈光会

2019年03月18日 総合防災訓練を実施しました・・・吉城山ゆり園

日中の火災を想定し避難誘導訓練を実施しました。
木工作業場からの出火を想定し、出火確認、館内放送、避難誘導、初期消火、非常持ち出し等、吉城山ゆり園での自衛消防組織の動きを確認しました。

 定期的に避難訓練を行っていることもあり、利用者さんは落ち着いて安全かつ迅速に避難ができました。
 地元の国府消防署の職員の方の立ち合いのもと訓練を実施し講評をいただきました。訓練終了後には消防車での放水の様子を見学させていただきました。
 始めて見る放水の様子に「おぅー」という声とともに拍手が沸き上がりました。


 消防車の内部設備を見せていただきました。
 火災現場に突入する際の装備を身に付けて体験された利用者の方は「重たいな、動きにくいな」とおっしゃっていました。


 非常ベルが鳴った際に、数名の利用者の方が咄嗟に机の下に潜り込まれました。
 ベルが鳴ったら自分の身を守るという行動が身についている証拠です。
 今後も継続して避難訓練を実施し、いざという時、利用者の方が安全に避難できるように備えていきたいと思います。




1つ前に戻る このページの先頭へ