社会福祉法人飛騨慈光会

2019年01月24日 意思決定支援について学びました・・・研修課

日本福祉大学の田中千枝子さんを講師にお招きし「意思決定支援」について学びました。

基礎編と応用編の2回シリーズで開催しました。

応用編では、実際に施設で取り組んでいる意思決定支援の事例を発表しました。
吉城山ゆり園と山ゆり学園から担当職員が課題、取り組み理由、具体的な取り組み内容について発表しました。


それぞれに図や表、写真を用いて参加者みんなが取り組みのプロセスがわかりやすいように工夫をされていました。
発表を聞き、グループごとに障害者に対する意思決定支援に関わるソーシャルワーク的視点、見方、関わり方をどうしたら良いのかを検討しました。


実践のお互いを振り返り、支援のやり方、考え方、方向性を再考しました。
集団の中で個々を考え、チームで対応していくにはどんなことがあるかアセスメントの重要性を学びました。


今後、個人、施設、法人全体で理論に基づき、目的を持って実践していくことで専門性が更に向上するよう取り組んでいきたいと考えます。



1つ前に戻る このページの先頭へ