社会福祉法人飛騨慈光会

2018年10月18日 嘔吐物処理研修会を開催しました・・・健康課

感染症を拡大させない為の感染予防対策について、直接支援する職員30名が学びました。
(株)リブドゥコーポレーションの方を講師に招きました。

施設では免疫力が低下した方や抵抗力が弱くなった方が集団で生活してみえ感染が広がり易い傾向にあります。
感染経路、支援員の心構え、予防策等の基礎について学びました。


デイスポ嘔吐物処理キットを用いて処理の仕方を実習しました。
細菌やウィルスを拡散しないように、確実に処理するためポイントを確認しながらグループで実習しました。


自分が感染せず、利用者さんも感染せず、汚染を拡げないような個人防護服の着脱を手順に添って行いました。
汚染した履物で歩いてしまい思いがけず感染を広げる行動をとってしまうこともありました。
防護服の中は汗だくになりました。


グループごとに気付きは記録し発表しました。




1つ前に戻る このページの先頭へ