社会福祉法人飛騨慈光会

2018年09月03日 安全運転講習会を開催しました・・・安全課

MS&ADインターリスク総研㈱から講師を招き、”危険を予測し、決して加害者にならないために”と題して安全運転講習会を開催しました。
職員約30名が受講しました。

交通事故が発生した場合、
運転者の法律上の責任 と
事故が企業井に及ぼす影響・損害について学びました。


参加者は安全セルフ診断を行いました。
40個の各質問について、日頃の自分自身の行動や考え方が当てはまるかどうかを思い浮かべながら、YES・NOにチェックを入れ、自分の性格傾向を測定しました。
自分の運転における注意点を把握しました。


実際の事故のドライブレコーダーの映像を見ながら、追突事故の原因や車間距離確保の重要性、ながら運転の危険性について学びました。


当法人では、利用者さんの通院や相談、支援の為車両運転はなくてはならないものとなっています。
利用者さんの安全を守るため、「かもしれない」と危険を予測しながらの運転に心がけ支援に努めていきます。



1つ前に戻る このページの先頭へ