社会福祉法人飛騨慈光会

2018年07月03日 飛騨慈光会権利擁護・虐待防止委員会合同会議を開催しました

飛騨慈光会権利擁護・虐待防止委員会は、当法人が運営する全施設・全事業が虐待を’しない・起こさない’ための環境を推し進めるため法人の機構図に位置付けられ、6年目となります。

合同会議は各施設・各事業所における虐待防止の取り組み及び関連する事案を共有することを目的に開催しました。


各施設の活動方針・活動内容の報告を受けました。
自施設に生かせることはないか、自施設の支援、取り組みを振り返ることにもつながりました。

利用者さんの「にこりほっと」する面に注目することで、権利擁護・虐待防止の取り組みをポジティブに捉えることができます。


今年度、利用者さんの権利擁護の視点に立って支援ができるように、顧問弁護士や外部講師、臨床心理士による研修を計画しています。




1つ前に戻る このページの先頭へ