社会福祉法人飛騨慈光会

2017年09月13日 不審者対応訓練を実施しました・・・安全課

高山警察署生活安全課の方を講師に不審者対応訓練を実施しました。

まずさすまたの使い方や不審者が現れた際の対応の仕方についてお話しを伺いました。
次に、実際に警察の方が不審者役となり、「110番」の連絡をしてから警察官が到着するまでに約8分かかるとのことで、8分間の体験をしました。


不審な行動をする人を見つけ話を聞こうとすると、聞く耳を持たず、いきなり刃物を取り出しました。
施設内に入ろうとするので男性職員4名がさすまたを持ってその場に集まりました。


 
4人がかりで何とか押さえこみました。
しかし、すぐに犯人に動かれてしまったり、距離が近くなってしまい、職員が逆に襲われそうになったりと、、それから8分間耐えるのは体力的に大変でした。



一人の不審者に対し、男性職員4人で対応しても力で負けるほどの強さで、リアルな体験ができました。
今後の対応策を考える上でとても勉強になる研修でした。



1つ前に戻る このページの先頭へ