社会福祉法人飛騨慈光会

2017年07月29日 岐阜県議会 厚生環境委員会の方が視察にみえました

7/28 岐阜県議会 厚生環境委員会委員の方々が当法人の視察に来てくださいました。

児童養護施設 夕陽ヶ丘では、石井施設長より最近の児童問題の現状と特徴、子ども達と共に暮らし支援していく中で大切にしていること、次年度から実施の地域小規模ケア(グループホーム)の状況等について説明いたしました。

専門職による医療的、心理的ケアの必要なケースの比率、親御さんへのアプローチの仕方について質問くださり、現状をお伝えしています。


当法人で運営する児童施設
知的障がい児施設「山ゆり学園」と母子生活支援施設「清和寮」の現状と課題についてお伝えしています。


施設内の見学をしてくださいました。
夏休み中です。朝には地域の子ども達とラジオ体操をし、キッチンで職員と子どもたちが一緒に簡単な料理をしたり、夏の友や工作をしたりする「当たり前の暮らし」の様子を見ていただきました。


昨年6月に開所した児童家庭支援センター ぱすてるでは、中沢センター長より業務内容、相談件数、委託費の仕組み、社会的養護の方向性、各関係機関との連携状況と今後の課題について説明いたしました。

県内5圏域に附置されている児童家庭支援センターのそれぞれの特徴、飛騨圏域の地域特性についてお伝えしています。



1つ前に戻る このページの先頭へ