社会福祉法人飛騨慈光会 施設詳細

障がい者支援施設 益田山ゆり園

南飛騨の多様なニーズに応える支援をめざして
定員/施設入所支援30名、生活介護60名、短期入所3名、
日中一時支援、グループホーム、指定相談支援事業、居宅介護等事業、介護輸送事業

南飛騨の多様なニーズに応える支援をめざして

 益田山ゆり園は主に知的障がいのある方たちへ、暮らしを支える入所機能を役割の基本として、さまざまな福祉サービスを連携させて、「その人の暮らし方」をサポートしていきたいと思い取り組んでいます。
 下呂市の北部に位置し、取り分け大きな施設ではありませんが、南飛騨のいろんなニーズに応えたいと思っています。

1. 活動の場として

 生き生きと自分らしい活動が出来る時間・場所の提供を大切に考えています。働くこと、ものを創りだすことを通じて仲間との交流や達成感を味わい、意欲、生きる力につなげてほしいと願います。
 もちろん一人ひとりの趣味、興味をたいせつにして普段とは違う時間を過ごすことも欠かせません。

○ むう工房・・・さをり織り、しめじ下請け作業
○ 工房ふぁーむ・・・ジャム加工、陶芸、しめじ下請け作業、創作活動
○ 生産工房・・・綿棒下請け作業
○ ほのぼの・・・高齢、障がいの重い人を対象としたグループ 創作活動、健康活動

2. 暮らしの場として

 “誰と、どこで、どのように過ごしたい( 暮らしたい) か”という一人ひとりの願いを大切にしたいと思います。
 その思いにすこしでも近づけたらと考えています。ショートステイや入所機能の安心感に支えられて、地域や在宅での暮らしの継続や、グループホームを足掛かりにして「自活したい」という思いを支えます。
 もちろん入所利用の方には安全と安心を感じていただける介助と見守りが、私たちの大切な役割と認識して援助しています。

3. 地域福祉の一助として

 地域で暮らす方たちへの安心サポートとして次の事業にも取り組んでいます。また関係する福祉団体、行政関係との連携も欠かせません。

(1)「下呂市障がい者生活相談センター(下呂市委託)」
(文字通り生活上の悩み、福祉サービス利用など何でも)

(2)「益田生活サポートセンター」
(ヘルパーによる身体介護や家事援助、さらに行動援護や同行援護、移動支援など、障がいの垣根を越え、暮らしに密着した援助)
 24年1月より、上記の「相談」と「生活サポート」の事業所を萩原町の街中の一角に統合して移転し、利用者の利便性をさらに高めることが出来ました。

(3)グループホーム「萩」「朝日」
 園に程近い羽根区に男女各1 棟のホーム(一般家屋の借家)を設け、自分らしい暮らしをサポートしています。

4. 地域の支えに感謝

日々の暮らしの中で、一住民として温かい眼差しでもってお付き合いをしていただけるのは近隣の皆様のおかげです。 
 地域行事にもみんなで出かけます。
 園の盆踊り大会はいつも大勢の方でにぎわいます。

◇昭和61年設立から四半世紀、これからも地域と共に歩みます。

住所
〒509-2508  岐阜県下呂市萩原町尾崎 
電話番号
0576-54-1240
施設ホームページ
http://www.hida-jikoukai.or.jp/mashita-yamayuri/
地図

より大きな地図で 障がい者支援施設 益田山ゆり園 を表示
1つ前に戻る このページの先頭へ