社会福祉法人飛騨慈光会 施設詳細

障がい者支援施設 高山山ゆり園

一人ひとりにあわせて
のんびり ゆっくり 健康に
定員 / 施設入所支援50名、生活介護60名、短期入所3名、日中一時支援

1. 飛騨で初めての成人施設

 障害児入所施設山ゆり学園設立(昭和42年)から10年、「子供は大人になる」という現実と「大人になっても地元で暮らしたい」という当たり前の要求を実現させるために、昭和52年1月、飛騨で初めての成人施設として開設しました。
 全館重度棟の基準で建てられ、県内障害者入所施設の中では最も老朽化した建物となってしまいましたが、利用されている皆さんの健康と安全を守ることを第一として、のんびりゆっくり、安心して生活していただけるよう取り組んでいます。
 平成10年には新館「悠悠館」が竣工し、個室を増やすことができました。

2. 暮らしの場としての役割

 重い知的障がいのある方や高齢の方が多く生活してみえます。一人ひとり、その人らしさを大切に寄り添い、ゆったりとした流れの中で、1日を過ごしていただけるように努めています。2割以上の方が車椅子や歩行器などを使用されているので、特殊浴室(チェアー浴)も整備しています。栄養ケアにも力を入れ、ソフト食やペースト食なども取り入れて、ゆっくり時間をかけて食事を提供しています。

3. 日中活動の場の提供

 午前はグループに分かれて、創作・機能・情操などのプログラムの中で、一人ひとりに合わせて活動しています。園芸でプランターに花を植えたり、小さな畑ですが野菜を育てています。
 午後は、入浴を中心に、ドライブ、軽運動、散歩、足浴、おやつ作りなどを行います。

4. サークル活動、行事、外出

 日中活動の合間には、外部から講師を呼んで、生花サークル、お茶サークル、音楽療法を取り入れています。また、季節に合わせた催し物を計画したり、買い物や食事、地域の催事参加など、外出の機会も多く取り入れるようにしています。
 一部の皆さんによる、自分たちの生活について話し合う時間も設けています。その中で、意見・要望なども出てきます。

住所
〒506-0058  岐阜県高山市山田町781-71 
電話番号
0577-34-4060
地図

より大きな地図で 障がい者支援施設 高山山ゆり園 を表示
1つ前に戻る このページの先頭へ